インターネット広告

インターネット広告とは?

インターネット広告とは?FV画像
インターネット広告とは?FV-SP画像

メディアファーストの広告代理事業に興味を持っていただき、ありがとうございます。

皆様は「広告代理事業」と聞いて、どのような仕事をするか、イメージが湧きますか?

広告を運用するってどういうこと?
そもそもインターネット広告ってどんなもの?

という疑問が湧いている方も多いのではないかと思います。

現在メディアファーストで働いているスタッフも、

広告代理事業がどんなものなのかイメージしづらかった
応募するまでインターネット広告の知識がなかった

というスタッフが多数いました。

そこで、広告代理事業で扱っている「インターネット広告」とはどのようなものか、そして、どのような種類があるのか、解説をしていきます。

目次

  • インターネット広告とは?
  • インターネット広告の種類
  •   リスティング広告
  •   ディスプレイ広告
  •   アドネットワーク広告・DSP
  •   リターゲティング広告
  •   純広告
  •   SNS広告
  •   ネイティブ広告
  •   アフィリエイト広告
  •   記事広告・タイアップ広告
  •   動画広告・YouTube広告
  •   メール広告
  • まとめ

インターネット広告とは?

インターネット広告とは、文字通り、インターネット上に掲載する広告です。

WEBサイトやSNS、動画、メールなどの各メディアの広告枠で、自社の商材の広告を掲載・配信することができます。

さまざまな種類があるインターネット広告について、主にどのようなものがあるのかを解説していきます。

インターネット広告の種類

リスティング広告

リスティング広告の図

リスティング広告とは、テキストでPRする広告で、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果画面に表示されます。そのため、「検索連動型広告や「PPC (Pay Per Click)」とも呼ばれます。

広告主は、検索キーワードを指定して出稿します。広告主が指定したキーワードをユーザーが検索したときに、検索結果画面の広告スペースに広告文が表示される仕組みになっています。
特定のキーワードを打って検索するということは、その商材に興味があって検索している可能性が高いので、商材にすでに高い関心を持っている顧客層にアプローチするのに効果的な手法です。

広告費は、ユーザーがその広告をクリックした時のみ発生し、表示されるだけでは料金はかかりません。このような広告費の課金方法を、「クリック課金型」と言います。

クリック課金型ユーザーが広告をクリックした際に費用が発生

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告の図

ディスプレイ広告とは、画像、動画、テキストなどでPRする広告で、WEBサイトやアプリの広告枠に表示されます。ホームページのコンテンツなどの内容に連動して広告が表示されるため、「コンテンツ連動型広告」とも呼ばれます。

ユーザーが検索活動を行わなくてもページの広告枠で情報発信ができるため、まだその商材に興味を持っていない、潜在的な顧客層を獲得するのに効果的な広告と言えます。

広告費の課金方法は、「クリック課金型」に加えて、「インプレッション課金型」「コンバージョン課金型」「動画視聴課金型」などがあります。

インプレッション課金型広告が表示された際に費用が発生
コンバージョン課金型表示された広告によってコンバージョン*が発生した際に費用が発生
動画視聴課金型動画広告が視聴された時間によって費用が発生

*コンバージョン:目的とするアクションを起こしてくれた状態のこと。
具体的に言うと、ホームページを訪れた人が広告をみて、そこから「商品を購入した」「資料請求を行なった」などのようなアクションを起こしてくれた状態のことを指します。

アドネットワーク広告・DSP

アドネットワーク広告の図

先に紹介した「ディスプレイ広告」を配信する手段として「アドネットワーク広告」と「DSP」というものがあります。

「アドネットワーク広告」とは、「アドネットワーク」という複数の広告媒体を集めた一つの広告配信ネットワークに、まとめて広告を配信するシステムのことです。複数の広告媒体とは、WEBサイト、ブログ、ソーシャルメディアなどのことを指します。

「DSP」とは、Demand-Side Platformの略で、複数のアドネットワークに広告を配信できるツールのことです。1社のアドネットワーク広告だけでは自社のターゲット層への広告配信をカバーできない、といった場合に、DSPを使用して複数のアドネットワーク広告を利用する、というイメージです。

リターゲティング広告

リターゲティング広告の図
数日前に調べた商品の広告が、後日、別のサイトの広告に表示された… という経験をされたことはありませんか? このような広告をリターゲティング広告と言い、一度自社のサイトに訪れたユーザーに対して、そのサイトを離れた後も追跡して広告を配信する手段です。 ディスプレイ広告や動画広告、テキストといったさまざまな形で配信することができます。 リターゲティング広告はCookieという仕組みで成り立っていて、こちらを利用することでユーザーを識別し、ユーザーの検索履歴などから広告を配信する仕組みです。 広告費の課金方法は、「インプレッション課金型」「クリック課金型」となっています。
Google広告ではリマーケティング、Yahoo!広告ではサイトリターゲティング、と呼ばれています。

純広告

純広告の図

特定の広告媒体と広告枠を選んで掲載する広告のことを、純広告と言います。

わかりやすく言うと、道路やビルの看板広告のようなイメージです。
広告を出稿する側が特定のメディアの広告枠を期間を指定して買い取り、そこに広告を掲載する仕組みで、「買い切り型広告」「予約型広告」などと言われることもあります。

純広告として配信される広告には、テキスト広告、バナー広告、リッチ広告、動画広告、記事・タイアップ広告、メール広告などの種類があります。

SNS広告

SNS広告の図

SNS広告とは、Facebook、Instagram、TwitterなどのSNS上に表示する広告のことです。
最近は、ブラウザで検索する代わりにSNSで検索をして予約や購入を検討する、と言った下調べの場として利用されることも多く、加えて、SNSに登録されているユーザーの情報が精度の高いターゲティングにつながるため、SNS広告は人気となっています。

年代層などによって使用するSNSが異なるため、広告を出稿する際はその点を踏まえ、どのSNS広告を出稿するかの選択が必要になります。

SNS広告の課金方法は種類によってさまざまで、「クリック課金型」「インプレッション課金型」「動画視聴課金型」に加えて、「アプリのインストール課金」「エンゲージメント課金型」「フォロー課金」などがあります。

ネイティブ広告

ネイティブ広告の図

ネイティブ広告とは、媒体に自然に溶け込むように作られた広告のことで、「広告」や「PR」などの表示をつけて掲載されます。
記事や投稿に溶け込むように作られているため、読む側に「広告を見せられている」と言うストレスを与えにくいと言う点が特徴ですが、一方で、広告であることを判別しにくいと言う面もあります。

ネイティブ広告は大きく6つに分類され、インフィード型、ペイドサーチ型、レコメンドウィジェット型、プロモートリスティング型、ネイティブ要素のあるインアド型、カスタム型などがあります。

例えばSNSのタイムラインで、自分がフォローしている人の投稿の間に広告が流れてくることがありますが、それらはインフィード型のネイティブ広告です。先に紹介した「リスティング広告」もネイティブ広告の一つで、その他の検索結果と同様のレイアウトで検索結果上部に表示される、ペイドサーチ型のネイティブ広告です。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告の図

アフィリエイト広告とは、「アフィリエイター」「ASP」「広告主」の3者で構成されている広告配信の仕組みです。

アフィリエイターとは、WEBサイトやSNSの運用者のことで、アフィリエイト広告を自分のブログやSNSに貼り、その広告を経由して商材が売れたときに、ASPを通じて広告主から報酬を得ている人のことです。

ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダーというサービスのことです。
ASPを提供している会社は複数あります。アフィリエイターはASPに登録し、出稿されている広告の中から好きな広告を自分の運営するサイトに掲載することができます。

広告主は、アフィリエイターに広告を掲載してもらえるよう、ASPに広告を出稿します。

つまり、アフィリエイターと広告主の両者を結びつけているのがASPというサービスで、アフィリエイト広告はこの3者で成り立っています。

広告費の課金方法は「成果報酬型」で、掲載された広告を通じてコンバージョン(購入・資料請求・契約など)に至った場合に広告費が発生します。

成果報酬型掲載された広告を通じてコンバージョンが発生した成果に応じて費用が発生する

記事広告・タイアップ広告

記事・タイアップ広告の図

記事広告は、タイアップ広告、PR広告などとも呼ばれます。
広告主が、媒体(メディア)に自社の商品やサービスを宣伝するためのPR記事の作成を依頼し、その記事をメディアで掲載してもらう形式の広告のことです。

ネイティブ広告のように、広告らしさを強調せず、WEB上の一つのコンテンツとしてユーザーに受け入れてもらいやすい形にすることが大切です。

広告主自身が出している広告と異なり、第三者であるメディアの信頼性や知名度を利用して自社の商材を紹介できるため、読者の信頼感を得やすいことに加えて、記事形式のため“広告らしさ”が強くないことで、その他の広告で反応を得られない層にもコンテンツを読んでもらえる可能性があります。

動画広告・YouTube広告

動画広告の図

動画広告とは、文字通り動画で広告を行う方法で、テキストや静止画で表現しきれないストーリー性などを表現できます。

「純広告」「リターゲティング広告」「SNS広告」などでも掲載されますが、「YouTube広告」で流れてくる動画広告は、皆様お馴染みだと思います。
特にYouTubeは利用者も多いため、そこで配信される広告は、それだけユーザーとの接点も増え、多くの人に見てもらえるチャンスがあると言えます。

動画広告の課金方法はさまざまで、YouTube広告では種類によって「クリック課金型」「インプレッション課金型」「動画視聴課金型」などの課金方法がとられています。

メール広告

メール広告の図

メールで配信する広告のことを、メール広告と言います。メール広告も、WEB広告の一つです。

配信方法は、オプトインメールとターゲティングメールの2種類があります。

オプトインメール事前に「メールの配信を希望する」と選択してメールアドレスを登録したユーザーに広告を配信する形式
ターゲティングメールユーザーに事前に登録してもらった属性(年齢、性別、年収、居住地域、職業、趣味趣向など)に配信対象を絞り込んで広告を配信する形式

配信形式は、テキスト形式とHTML形式の2種類があります。

テキスト形式テキストやURLで商品・サービスを紹介する形式
HTML形式WEBサイトのようにHTMLで記述することにより、画像や動画、資料の挿入、フォントの変更などが可能な形式

メール広告を配信するには、ユーザーに何かしらの形でメールアドレスや情報を入力してもらう必要があるので、すでに接点があり、自社の商材を知っている人向けの広告と言えます。

メール広告は入稿から配信までの期間が短く、比較的手間がかからない広告ですが、メールが開封されず未読のまま削除されてしまう可能性もあります。
効果を得られるようにするためには、件名を工夫する、アンケートやクイズなど参加型のメルマガにする、といった対策をとり、メールの開封率をあげることが大切です。

まとめ

以上、主なインターネット広告の種類について、簡単にご紹介しました。

広告の種類によって、ターゲット層や課金方法の違い、そしてそれぞれのメリット・デメリットがあります。状況に合わせて最適な広告の選択と運用をしていくことで、広告の効果が得られることになります。

メディアファーストの広告代理事業では、各種インターネット広告の運用代行を行い、お客様に最適な提案を行っています。

広告主と消費者をつなぎ、双方の “最初の一歩” を後押しするメディアでありたい

そんな気持ちを持って、謙虚に、日々成長していきたいと思っております。

 

弊社の理念に共感してくださった方、メディアファーストで一緒に成長しませんか?